HOME >> 歯科情報館 >> 小さいブランケットを喜多見 矯正歯科でも採用検討している

小さいブランケットを喜多見 矯正歯科でも採用検討している

矯正治療でよく使われている物としては、舌側の矯正治療法は喜多見 矯正歯科でも何でもそうなのですが、いらっしゃる患者様にとってとても歯にやさしく、そして矯正の治療期間がとても短く、さらに、確実性というのをキーワードに開発されており、限りなく通常使っているような、小さいブラケットサイズと今使っているような現在の歯科の矯正治療のトレンドであるようなローフォースやローフリクションを舌側いわゆる裏側からも綺麗に実現したものなのです。 そのために、歯科の矯正治療の期間中の、装置による発音のしずらさや装着冠の不快感が今までのものと比べて格段に減り、歯の治療の期間も表側からとまったく遜色ない物になりました。 今まで喜多見 矯正歯科でもそうなのですが、舌側矯正の治療を行うことを躊躇されていたような方にも実に自信をもって治療を勧めしたいと思います。今までとは違った治療方法を皆さんに体感して頂き、喜多見 矯正歯科でも寄りいい治療をと研究している中で、とてもいい方法だと考えている方が多いようですね。

歯医者情報館 インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。