HOME >> 歯科情報館 >> 実際の歯の見た目は成城学園 歯科でキレイに保つ

実際の歯の見た目は成城学園 歯科でキレイに保つ

実は成城学園 歯科でもそうなのですが、何年経ってもセラミックの歯は見た目も変色しません。以前は歯肉が黒ずむようなことも多々ありましたが、現在はセラミックは歯を精密に削ることで実際にそのようなことはほとんどありません。なので、金属・プラスチックの歯や銀場などの詰め物とちがって、見た目が天然の歯と見分けがつきません。成城学園 歯科でもそうなのですが、プラスチック(レジン)よりもセラミックは表面がツルツルしていて虫歯の原因となるプラークが付きにくいです。なので、奥歯の噛み合う面の歯の山・谷・溝などが、歯の天然の歯と同じようにできていて、とても噛みごたえや実際の装着感に違和感がほとんどありません。実際に用いているのは、歯に詰めるタイプのもの、そして歯にかぶせるもの、さらに付け爪のようなラミネートベニア、そしてブリッジタイプのもの、成城学園 歯科でもオールセラミックのものがあります。

歯医者情報館 インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。