HOME >> 歯科情報館 >> すきっ歯を成城学園前 インプラントでも懸念している・

すきっ歯を成城学園前 インプラントでも懸念している・

img45

 

名医の語る空隙歯列弓 ( くうげきしれつきゅう )

歯間や歯列に隙間のある状態を「空隙歯列弓」と呼びます。

別名「すき歯」とも言われています。

 

インプラント治療の難しいとされている顎が大きい、

歯の幅が小さい場合に起こります。

矯正治療によって広げる必要が大いにあります。

 

東京では切端咬合 ( せったんこうごう )といいます。

上下の前歯が先端で咬み合ってしまう状態です。

 

名医の治療例の下顎前突の症状と類似している。

 

開咬 ( かいこう )口の顎を顎を閉じて咬み合せた時、

口の上下の歯に隙間ができてしまう状態として確認されているが、

下の前歯が上よりも前に出てしまう状態。

 

詳しい料金や矯正治療に関する

ご質問などは成城学園前のお薦めインプラント医療センターへ

どうぞお問い合わせ下さい。


歯医者情報館 インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。