HOME >> 歯科情報館 >> マウスピース矯正歯科で入れ歯予防に

マウスピース矯正歯科で入れ歯予防に

マウスピース矯正

マウスピース矯正は、ブラケットやワイヤーを用いず、透明なプラスチック製の矯正装置を口の中に装着するという方法です

これは、矯正装置がまったく目立たないというメリットがあります

また、ブラケットやワイヤーのように口の中で違和感が生じることがなく、自分で取り外しが可能となっています

これを受けられるのは軽度の乱杭歯や曲った歯など症例が限られていたり、装着時間が1日18時間~20時間と苦痛を伴ったりといったデメリットがあります

従来の矯正歯科治療は、歯を抜いて行うのが通常でした

しかし、苦痛を伴う入れ歯が必要ない治療法が開発されました


歯医者情報館 インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。