HOME >> 歯科情報館 >> 祖師ヶ谷大蔵歯科であっても歯列矯正デメリット

祖師ヶ谷大蔵歯科であっても歯列矯正デメリット

デメリットとして

祖師ヶ谷大蔵歯科 歯医者であっても歯列矯正のデメリットとして、次のようなことが挙げられます

○多くの時間と費用がかかります

○矯正期間中は、一時的に見た目が悪くなります

矯正装置が見えたり、一時的に歯並びが悪い状態になったりします

○必ずしも理想の歯並びになるとは限りません

これは、歯科医のテクニックの問題や患者の理想とのギャップなどが関係しています

○矯正中は基本的に虫歯になりやすくなりますから、注意深く丁寧に歯のケアを行う必要があります


歯医者情報館 インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。