HOME >> 歯科情報館 >> 狛江歯科でのインプラント治療

狛江歯科でのインプラント治療

その後、人工歯の台となる部分をインプラントにつなぐ処置をして、数週間おいてから、最終的な人工の歯を装着することになります

インプラントを埋め込むときなどには、あらかじめ、しっかりと麻酔を使用して治療を始めますから、痛みを感じることはありません

軽度の反対咬合は、外科手術をせずに治療できるようになりました

開咬(上下の前歯が開いている状態)の治療も可能となっています

顔が非対称性のある方の治療(歯茎の高さが左右で違う場合)に有効となっていますので狛江 歯科 歯医者に相談してみてもいいですね。

治療後のアフターケアを定期的に受けることにより、口内環境を良い状態に保つことができ、インプラントを長持ちさせることができますし、身体全体の健康維持にもつながるでしょう


歯医者情報館 インプラント・歯の矯正歯科へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。